ロゴ
IBUKI GUIDANCE
旧マインドカラー受講者へ
旧マインドカラー受講者へ
マインドカラーは十数年の時を経て、IBUKI SYSTEMとして進化した姿で飛翔することになりました。マインドカラーを受講された方は、自覚、確認するのに相当な時間と労力を要されたと思いますが、IBUKI SYSTEMは、「肚の声」ではっきりと自覚、確認ができるようになりました。
マインドカラーでUpやTopといったネームを自覚した方でも、更に肚の声ではっきりと確認することをお勧めします。改めて、深い感慨を得ることになります。そして、是非響会に入会し、多いに活用して下さい。但し、公認カタリストから受講された方です。
当時マインドカラーの公認カタリストは4人で、公認であれば資格証明書を所有し、登録料を支払っています。それ以外の人は、無許可でマインドカラーの道具やプリントをそっくり真似てコピーし、ノウハウを使用している方々です。その方々からは、ビジネスを行う申請は全く受理されておらず、従って、資格証明書もなく、登録料も支払っていない方々で、いわゆる著作権侵害をしてビジネスをしている方々です。あなたがもし公認カタリスト以外の人からマインドカラーのセミナーを受講し、Up・Top・Charm・Down・Bottom・Strange等のnameを知っていたとしても、残念ながら響会への入会できませんのでご了承下さい。
自分が受講した講師が公認者か非公認者かを確認して下さい。公認であれば資格証明書を所有していますのでその提示をお願いして下さい。その人が資格所有者でない方なら、お手数をおかけしますが、ぜひ響会にお知らせ下さい。
非公認でビジネスをしている人の特徴

(1)自分のマインドカラーを知る為に受講しただけ人が、勝手に道具を作り、その時に渡されたプリントをコピー又は
   そっくり真似したプリントを使用し、マインドカラーのノウハウを使ってビジネスをしている。
(2)合宿に参加して資格を取得したと勝手に思い込みビジネスをしている。合宿修了者の方から申請も提出されてないし、
   登録料も頂いていないのが実情です。合宿はカタリストを希望する方がマインドカラーを深め、実力をつける為の合宿でした。
   従って、合宿参加=資格取得といった安易なカタリスト資格ではありませんでした。
   事実、合宿に参加した方で資格証明を所有している人はいません。
(3)マインドカラーやIBUKIの資料を無断で使用しホームページに掲載している。
(4)その他、様々な理由をつけて無許可でビジネスを行っている人がいます。
どういう理由であれ、いかなる経緯があろうと、その方々から正式にカタリストとしてビジネスをするための申請や連絡は一切されておりません。従って、資格証明書もなく、登録料も支払っていない方々で、いわゆる著作権侵害をしている方々です。
旧マインドカラー受講生が響会に入会するには
一般の方と同様、以下の手順を追っていただきます。
(1)いま一度、公認IBUKIトレーナーの元でMy IBUKI発見コースに参加し、IBUKIを発見・確認して下さい。(有料)
(2)IBUKI Name登録申請書と響会入会申請書を、担当のIBUKIトレーナーに提出して下さい。
(3)年会費を響会指定口座へお振り込み下さい。
(4) 響会の会員証をお渡しいたします。

詳しくは会員募集のページをご覧下さいませ。
警告

PickUpレポート

各地の開催情報

私のIBUKI体験談