ロゴ
IBUKI GUIDANCE
【東京】「肚の付き合い」について

松尾先生をお招きしセッションを開催いたしました。
(参加者はトレーナー含め6名)

今回は皆、響会会員ということもあり
内容は「肚の付き合い」本音のコミュニケーションについてです。

改めて「肚の付き合い」とはどういったものなのか、肚づき合い初心者の私達は、先生に手ほどきをしていただきながら、皆で話し確認し合いました。

tokyo_160417.jpg















まずは自分自身の肚からの受発信ができていなくてはいけません。

それにはカラオケでの発声練習が必要です。
もちろん自分のIBUKI のリズムで!

自分の声もしっかりと聴くことができ、
肚声が出るようになったら、歌詞も気持ちとフィットするものを選ぶことがポイントです。
日常喋る時も肚声を意識します。

自分自身の受発信ができたところで、肚レベル同士での受発信、本音の交流です。

自分の声⇄相手の声を聴きながら
普段気になっていたけれど言えてなかったことなど、良いことも悪いことも含め言い合っていきました。

溜めていた気持ちを言うことでスッキリし、客観的な視点で言われることで、短時間の中ではありますが、勘違いや思い込み、自分の陥りやすいクセなどに気づくことができました。

肚からの言葉は、心に響きます。
その時響かなくても、後々響いてくるということも結構あります。。
そして肚が据わっていると、色眼鏡をかけないクリアの視点で物事を見ることができるので、言うことに説得力があります。

ですので本音だからといって、ただ正直に思ったことを、包み隠さず話せばよいというものでもなく、
頭ではなく肚に落とせているか、
肚からの思いなのか、
ということが重要になってくるのです。

ですがまだ頭でっかちになりがちな私達は、肚なのかそうでないのか区別がつきかねるところがあります。。。
(取り敢えず肚でなくても、溜めずに出すことは必要)

今後セッション、肚仲間との交流を重ね、その辺りも明確にできるようにしていきたいと思います。

そして真の本音の交流「肚の付き合い」を通し、響き合う関係とはどんなものなのか、皆で実体験を積んでいってみたいと思います!

(wrote: IBUKIチームトレーナー 渡辺[東京])